電子ブレーカーを導入するメリットについて

電子ブレーカー導入のメリット

電子ブレーカーは工場やオフィスを経営している事業者向けに提供されており、電気代を削減したいと思っている場合には導入メリットが大きいです。

電子ブレーカーは従来のブレーカーとは異なり、ブレーカーの中にCPUが内蔵されているので、電流の細かい動きをコントロールすることが可能です。

新型のブレーカーを導入すると、様々なタイプの電流に対応可能となり、結果的に事業所にとって適切な契約を電力会社と結ぶことができます。

電力会社との契約は事業者の場合だと、低圧電力契約になっていることが多いです。

低圧電力契約では負荷設備契約と主開閉器契約という2つの契約方法が存在しており、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

電子ブレーカーを導入すると、2つの契約方法の中の主開閉器契約で電気を使えるようになります。

主開閉器契約は電力を使った分だけ電気代を支払うシステムとなっていて、対応のブレーカーを設置していればどの事業所でも契約を結ぶことが可能です。

負荷設備契約だと基本料金が多くかかってしまうので、繁忙期と稼働を停止する時期が交互にやってくる事業を行っている場合には、電気代を無駄に払うことになります。

そのため多くの事業所が新型のブレーカーを導入して主開閉器契約で電力会社と契約するようになっており、実際大きく電力コストを削減している事業者も存在します。

新型のブレーカーは簡単に導入可能なシステムなので、初期費用が高くなってしまう心配はありません。

電子ブレーカー導入のメリット

特に初期費用を無料に設定している業者のサービスを利用すれば、安い金額で簡単に事業所に新型のブレーカーを設置できるので、少ない費用をかけるだけで毎月の電気代金を減らすことができます。

初期費用がどれくらいかかるのかは、実際に設置場所をチェックしてみないと分からないので、ネオコーポレーションなど電子ブレーカーを販売している業者に連絡をして、設置する場所を事前にチェックしてもらうと良いでしょう。

見積もりや各種の確認作業については、販売業者が無料で対応してくれることが多いので、複数の業者に依頼をして適切なサービスを提供している業者にサービスを依頼しましょう。

事前に入念なリサーチと準備をしておけば、安心安全に取り付け作業を完了することができます。

基本的に新型のブレーカーシステムは、設置コストが安いだけではなく、安全性が高いことも魅力の一つになっています。

新型のブレーカーシステムは、高い安全性が確認されており、厳しい安全検査をクリアした製品のみが販売されているので、長い期間安全に運用することが可能です。

また耐久性が高い設計になっており、厳しい環境でも正常に動作するようになっているので、トラブルや不具合が発生する頻度は極めて少ないです。

耐久性が高いと夏や冬などの厳しい季節に稼働させる際も安心で、万全の体制で生産体制を構築できます。

オフィスビルに導入する場合には、メンテナンスや点検作業を何度も実施する必要がないことから、管理コストを抑える効果があります。

電子ブレーカーを導入すると安心安全に運用可能なだけではなく、ランニングコストを抑えることもできます。

そのため電気代やブレーカーシステムのランニングコストに悩んでいる事業者にとっては、待望の製品となっており、実際多くの販売台数を記録する製品も販売中です。

新型のブレーカーシステムの利点

新型のブレーカーシステムの利点は、各種のコストを抑えることできる点だけではありません。

設置スペースを大きく取ることがなく、今まで使用してきたブレーカーをそのまま設置しておける点も高く評価されています。

新型のブレーカーは従来型の製品に比べて省スペース設計となっており、大きなスペースを確保できない環境でも問題ありません。

また従来型の製品を稼働させたままでも設置することが可能なことから、業務に影響を与えることなく設置することもできます。

規模の小さな事業所であれば、短時間で作業が完了するので、休業日を設定する必要はありません。

従来型の製品から移行する場合にも、それほど多くの時間は必要ないので、時間的に余裕のない事業者も問題なく設置することができます。

電子ブレーカーの製品ラインナップは幅広く、自由に設置場所に合わせて製品を選ぶことが可能です。

また便利な運用プランが様々な形で提供されていることから、無駄なく適切な形で活用することができます。

実際新型のブレーカーを導入した事業者からは、「毎月の電力コストが下がっただけではなく、安全性についても向上した」という意見が多く聞かれており、満足度の高さが分かります。

新型ブレーカーの販売業者では製品のメリットとデメリットを分かりやすい形で説明しているので、どの製品を導入していいのか分からない人にとっては安心のサービスと言えるでしょう。

電力コストに悩んでいて、電気代を少しでも安く抑えたいと考えている事業者は、気軽な気持ちでネオコーポレーションにブレーカーについての相談をしてみると良いでしょう。

 

こんな記事もよく読まれています

ネオコーポレーション電子ブレーカー

This entry was posted in 電子ブレーカー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.