投資ファンドの概要と投資信託について

投資においてよく耳にする言葉としてFIPパートナーズなどの投資ファンドがあります。

言葉としては、ファンドは基金を指し基金による投資のことを意味しますが、一般的には投資を行っている企業のことを指すことが多く、ここでは、様々な手法を用いて集めた資金の運用を行います。

FIPパートナーズなどの投資ファンドは、投資を行っている人や興味のある人には認識されていますが、一般的に知られるようになったのはバブル期以降があり、その代表格としてはヘッジファンドや、「ハゲタカファンド」としてドラマにも取り上げられたブラックナイトが存在します。

どちらにおいても一般的なファンド同様、利益を求めることに変わりはないものの、大きく異なるのは最大のパフォーマンスを求める点があります。

 

ヘッジファンドによる投資

まず、ヘッジファンドは金融機関や年金基金などの機関投資家、超富裕層を顧客として様々なものを対象に投資を行います。

ここでの資金提供は、いわゆる出資の形態が用いられており、利益の追求を最大の目標として行われます。

手法は、デリバディブからアービトラージなど様々な手法が組み入れられており、委託においては高額な手数料と、20%以上の成功報酬が求められることになります。

委託では顧客にも大きなコストが生じることになりますが、提供されている資金が非常に大きいことから、投資が成功した場合にも大きな利益を得ることができます。

 

当然、ヘッジファンド側の利益にもつながることから、投資には様々な手法が用いられ、時に開発されることになります。

金融工学はその最たるものであり、例えば、コンピューターによるアルゴリズム解析などは、その代表的なものの1つとなります。

一般的に、投資の世界は知識やリテラシーのある人達によって行われていると思われています。

しかし実際には、フロントオフィスは該当するものの、システム構築に関しては、全く金融に知識が無いか興味の無い人たちによって開発が行われているケースが多く、ここでは、高度な数学解析やロケット工学による知識が用いられています。

ブラックナイト型は、ヘッジファンド同様に利益の追求を最大の目標としますが、大きな違いとしては実際に個別企業を買収する点があり、ここでは、企業価値を高めた後に売却をすることで多額の利益を得ることになります。

 

例えば、事業価値が認められる破綻企業の買収や、株式投資による経営権の掌握などがあり、手法としては、比較的短期間での利益を目指すことに特徴があります。

因みに、「ハゲタカファンド」の異名は、債権や企業を非常に安い価格で買取ることからそう呼ばれており、バブル崩壊時には多くの外資系企業が参入をしていました。

FIPパートナーズなどの投資ファンドは、名称としてはなじみが薄いものの、商品を聞くことで身近なものとして感じることができます。

確かにヘッジファンド等のように、取引対象が一般の人とはかけ離れた世界に特化している形態もありますが、多くは、企業の資金調達など、銀行や証券会社と関係を持って業務を行っている企業が多く、中でも身近な商品としては投資信託があります。

 

長期運用に向いている投資信託

投資信託はFIPパートナーズなどの投資ファンドによって組成が行われており、その販売は、金融機関や証券会社で行われています。

商品は公募型として販売され、いつでも、誰でも購入をすることができます。

通常、各商品に関してはファンドの組成として表現が行われていますが、その仕組みは、資金を集め、商品に提示された内容で運用をし、出資比率に合わせた利益の分配を行うという、非常にシンプルなスキームが用いられています。

 

投資信託は、理論としては優れた商品の1つであり、大きなポイントとしては長期運用に向いている点があります。

つまり、利益を再投資していくことで福利運用と同様の効果を得ることが可能になり、仮に売却をするにしても、基準価格の大幅な下落が無ければ期間が長いほど大きな利益を得ることができます。

一方、現在では問題点が指摘されていることも事実としてあり、それは、毎月分配型と呼ばれる商品が該当します。

毎月分配型は、商品の販売において毎月の分配金を約束した約款を掲げており、ここでの分配金が運用による利益から出ているのであれば何ら問題はありません。

 

しかし、商品によっては分配まで回せる利益が出ていない商品も存在しており、ここでの、分配金は原資の取崩しによって行われています。

つまり、出資者は、毎月分配金は得ていたものの、いざ、解約等をした場合に元本が著しく減っている状態に陥ることになります。

そのために、購入においては、目論見書を熟読した上で判断をする必要があり、利回りに関しても、あくまでも予定であることを納得した上で購入をする必要があります。

ファンドは、法律上は「集団投資スキーム」と呼ばれています。

取扱いに関しては金融商品取引法(金商法)上の2項有価証券として行われており、企業として行うには金融商品取引業者としての登録またはそれに代わる届出が必要となります。

しかし、投資信託に限っては「集団投資スキーム」ではなく「投資信託及び投資法人に関する法律」に基いて作られており、ここでは、より厳しい規制が行われています。

FIPパートナーズより

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.