アップバンクの株価の動きを読むのは不可能なのか

株をしているのですが、なかなか勝つことができません。

簡単に勝つことができればいくらでもお金を増やすことができるわけですから、そのように甘くないことはわかっているのですがそれにしても逆の方向に株価が動いていくので本当に不思議で仕方ありません。

それまで上昇していた株を買うとそこが天井で大きな損失が出てしまいますし、逆に十分に下がっただろうと感じる株を買ってもやはり同じように株価は下落をしていきます。

このようなことを繰り返していくと運良く良いところで拾うことができた銘柄であっても、また逆方向に言ってしまうのではないかと思って利益も十分に乗る前に売ってしまうので本当に厄介です。

利益は少ないのに損失は大きいとなるとどうやっても負けが混んでいくわけで、株を始めてから負けっぱなしです。

運よく大きく勝つこともできないわけではないのですが、それはたまたま持っていた株が好材料が出て大きく拭き上げたというときだけでそのようなときですら売り時を上手くつかむことができずに利益を伸ばしきることができませんでした。

それなりにチャートの勉強などもして、企業分析もしているつもりなのですが買う場所買う場所が逆方向に進んでいくので、上手くいかない理由がわかりません。

買う場所が悪いということで少し低いところで指値を出しているとそこまで来ないで上昇をしていきますし、慌てて飛びつけば高値づかみをしてしまいますし何をしても上手く行きません。

やめてしまうのが一番いいのかもしれませんが、これまで投資してきたものをすべて無駄にするのは惜しくせめて原資だけでも取り返したいと考えているので今ここでやめることもできません。

そのように考えているとどんどん深みにハマっていってしまうわけですが、本当に株というのは難しいものです。

長期的に見ればある程度株価が予測つくこともあるのでしょうが、実際に長期的に持とうとすると地合の変動や悪材料が出たときの対処ができなくて上昇するのを待つこともできません。

株価の予想がつかない以上はその時の値動きに合わせて取引をしていくべきなのでしょうが、それも完全に対応をすることができず相場の難しさを痛感しています。

相場歴はそこそこ長く知識もそれなりに身についてきたとは思うのですが、まだまだわからないことだらけですしセンスの面で言えば自分はあまりない方だと感じています。

それだけに、努力をしてなんとか相場を乗り越えていきたいですね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.