iPhoneアプリの作成方法

iPhoneアプリは世界中のiPhone利用者に直接アピールできるのでアプリ開発者にとっては重要な市場ですが、問題となるのが開発環境といわれてきました。

標準で用意される環境としてはxcodeがあり、Objective-cやSwift2が利用できます。

また、この環境ではiPhoneのほぼすべてが利用できるので利用者も多いのですが、最大の問題点は他のスマホの環境に持っていけないことです。

特にAndroidのアプリには使えないので開発者にとってネックとなっています。

そこで注目されているのがサードパーティ製の開発環境です。

古くはPhonegapなどのHTML5とJavascriptを利用する環境から、マイクロソフト系列のXamarinまで多数の開発環境が登場してきています。

どの環境もアプリを作ることができるだけではなく、同じソースコードでAndroidアプリも作成できることが特徴となっています。

両者に対応することでハードウエアを直接あ付けないのではないかと考える方も多いのですが、実際にはそれぞれのハードウエアを適切に使えるようにライブラリが用意されてきています。

ライブラリについてはカメラやGPSなどの目立つハードからバイブレーションなどのハードウエアまでほとんどのハードウエアに対応してきています。

ただし、動作については開発環境ごとに対応が変わってきているので注意が必要です。

PhonegapなどのJavascriptを利用する場合はiPhoneが持つJavascriptの実行環境を利用することになり、動作速度が気にはなりませんが、若干遅くなります。

対してXamarinやUnityなどはiPhoneのネイティブアプリをコンパイルすることができますので動作速度も期待できます。

ただし、Xcodeを使った環境に比べて性能をさらに上げることは難しいとも考えられています。

開発するアプリによって開発環境を変える場合も多くなっています。

例えばゲームなどのハードウエアを限界まで利用する場合にはネイティブな開発環境を利用するケースが多く、対してツールなど速度面はそれほど重視しないアプリについては他のプラットフォームとの協調も含めた開発環境の選択となっています。

iPhoneはスマホのスタンダートとなってきていることもあり、アプリの開発環境は続々と登場しており、さらに使いやすく、iPhoneをしっかり使える環境となってきています。

アプリといえばマックスむらいさんですよね。

AppBankの社長さんですが、アプリのまとめサイトとか役立つ情報を提供している第一人者です。

 

 

[PR] マックスむらい

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.