税理士試験について

税理士になる方法はいくつかありますが、一般の人がもっとも選択しやすい道として、税理士試験に合格するという方法があります。
これは、国税審議会が主催している試験で、年に1回、毎年行われています。

これに合格して、なおかつ、税理士事務所などに就職をし、2年以上実務をこなすことで、税理士を名乗ることができるようになるのです。
こう言うとなかなか大変なように思われるかもしれませんが、この実務経験は、実は、試験を受ける前の経験でも良いのです。
ですから、まず税理士事務所に就職をして、実務経験を積みながら試験合格を目指すという方法もあります。

また、税理士試験は受験資格が制限されている試験でもあります。
誰でも受けられるというわけではないんですね。

受験資格を満たすための条件の一つに、会計事務や銀行事務に3年以上従事した人、というものがありますから、まずこういったところで働いて試験に挑むというのは、受験資格を持っていない人にとっては一石二鳥なんですね。

また、大学で法律学や経済学を専攻していたり、簿記検定1級を持っていたりといったことでも、受験資格を得ることができます。
簿記検定1級は、税理士の仕事に内容も重複している部分が多く、このコースをたどって受験資格を得て税理士を目指す、という人も数多くいるようです。

また、税理士の試験は必修と選択、合計5科目から構成されています。
会計や税法などの修士号や博士号を持っている人は、場合によっては免除される教科もありますから、受験する人は一度確かめてみると良いのではないでしょうか。

また、5科目を一度に合格する必要はなく、一度合格した科目は再受験の必要がないので、時間をかけて挑戦することが可能です。

税理士 岡崎市

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.