クラウド業務とは

クラウド業務は、最近話題になっていますし、あちこちの広告などで「クラウド業務」という文字を見かける機会も多いでしょう。
しかし、パッとこの名前を見ただけでは、どんな業務なのかはよくわからないというのが実際のところですね。
例えば「会計業務」「総務業務」などであればわかりやすいですが、「クラウド」とは一体なんなのでしょうか。

クラウドというのは、雲という意味ですね。
雲は、コンピュータネットワークのイメージ図を描く時にはインターネットの意味を表します。

ここから、クラウドサービスという言葉は、インターネット上での様々なサービスの総称として使われています。
クラウド業務というのは、これに関する業務のことなんですね。

具体的には、会社向けには仮想サーバーの構築や、顧客管理、膨大な企業データの保管、個人向けには、ウェブメールやスケジュール管理、写真の保管などがあげられます。

また、企業向けのクラウド業務には、最近、インターネットの普及、発展と共に、どんどん新しい内容のサービスが出てきています。
インターネット上でやりとりをする会計サービスや、ウェブページの作成、メールのやりとりなど、現在では、非常に多岐にわたっているのです。

また、インターネットを介して行われる外注業務などもクラウド業務と書かれることもあります。
そんなにいろいろあったらわからなくなりそう、と思われるかもしれませんが、逆に考えれば、これらの多種多様なサービスを、クラウド業務として一環して管理運営していくことも可能になっているということです。

また、ハード的なものではなく、インターネット上で行われる業務ですから、パソコンを選ばず、どこからでもインターネット環境にさえあれば使えるという大きな利点も持っています。

始めのうちはよくわからないと感じることもあるかもしれませんが、利用の仕方を把握して使いこなすことができれば、非常に役立つのがクラウド業務なのです。

 

関連リンク
クラウド型の業務システム – NAVER まとめ

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.