チャートを検証してみる

スイングトレードは長期保持のリスクがないトレードです。

トレードの中でも、儲けがあまり多いほうではありませんが、逆にリスクもあまりない部類と言えます。

それこそ初心者が気軽にチャレンジできるのが、スイングトレードの特徴といえます。

参考:http://swing-trade.jp/

世界中で大きなニュースとなった2008年に起きた「リーマン・ブラザーズ経営破綻」はみなさんご存知のことと思います。

リーマン・ブラザーズとはアメリカのニューヨークに本社を構えていた世界でも有数の大手投資銀行及び証券会社でした。

リーマン・ブラザーズが倒産したことによって世界経済は大きな闇に包まれたのです。

その前はライブドアショックもありましたね。

こうしたことから金融業界は、先がわからない状態へと突入したのです。

この時のチャートを見てみると大きく乱れたのち、線が一時切れた状態となり、その後大幅に下落しています。

このように何か起きた際は大きな乱れが生じるのもチャートの特徴です。

チャートが荒れ気味なところは購入しないことをおすすめします。

またいくら有名な企業であっても、突然倒産することもあるので、リスクを減らす意味でも分析は不可欠なのです。

検証は念には念を入れて、徹底したいところですね。

またスイングトレードの初心者は、やはり経験者の意見に耳を傾けるべきです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.