年賀状でのつながり

いつもしっかりと年賀状は出しているでしょうか?
最近はあまり出さないという人が増えてきているのが実際のところです。

まだ出しているという人の中には、なかなか会える時間はないけれど、年賀状だけでやり取りをしている人というのもいるのではないでしょうか。
年に1回だけのやり取り、それでも年賀状でのやり取りを続けることに意味があるものだと思います。

もしその年賀状のやり取りが終わってしまったら?相手の近況もわからなくなってしまいますね。
そのまま関係が終わってしまうというのは何だか悲しいものはないでしょうか。

親しく付き合っている人たちだけが自分の人間関係ではありません。
年に1回しかやり取りをしない仲ではあっても、自分には関係のある相手であることは間違いないのです。

まずは相手の近況を知れること。
これが大きな理由となっていて、年1回のやり取りを続けている人は多いのではないでしょうか。
恩師だったり、遠くに引っ越した友人などが年始の挨拶とともに近況を報告してくれるというのは何より嬉しいものですね。

次に、自分の近況を伝えること。
たくさんの連絡手段があるものですが、年始の挨拶だからこそ自分の近況も伝えやすいものです。

特に電話やメールをすることはないけれど、年に1回という距離感がいいという場合もあります。
人間同士には色々な関係性があるものですから、それぐらいで付き合っていけるほうが長く関係が続くなんてこともありえますね。

いつも年賀状だけで会うことはないし、今年はこの人に年賀状出そうかやめておこうか・・と迷う前に、年賀状の意味を考えてみてはいかがでしょうか。
何度も言いますが、年に1回でも人間関係は大切にしたいものですね。
写真やイラストなどで自分らしい年賀状を作って送りましょう。

 

年賀状イラスト無料「FreeNewYear」
http://nengajo-free.net/

年賀状(2014午年)ならカメラのキタムラ
http://nenga.kitamura.jp/

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.