相続放棄しなければならない時

相続放棄は基本的には自由ではあるのですが、相続放棄をしなければならない時はあるのでしょうか。

基本的に相続放棄は自由なものとなっていますので、「しなければならない時」というのはありません。

したければ行えば良いのですし、相続をしっかりと受け継ぐのであれば受け継げば良いのです。

ですが、相続放棄は自由なものではあっても法的見地からはしっかりと定められているものです。

例えばですが、相続放棄を行う事で上手く相続税を安くする事が出来ないかと目論んでいる人もいるかもしれませんが、それは基本的に出来ません。

相続放棄を行っても他の相続人の税金は変わりません。

もしもですが、相続放棄を行う事で他の相続人の税金が変わってしまうとなると、この制度を悪用して節税行為が横行してしまう可能性もあるでしょうからね。

ですので、相続放棄は基本的には自由なものですが、そこで金銭的なメリットを受ける事はありません。

相続をするかしないかも基本的には人情の部分が大きいと言われていますので、相続放棄もまた、人情によって変わって来る部分があると言えるでしょう。

さすがにこれで税金逃れが出来るほど甘いものではないのです。払うべき税金はしっかりと払いましょうね。

相続放棄(遺産相続の放棄)

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.