バンコクでマンションを借りるにはどうしたらいいの?

⑴バンコクで日本人が借りやすい住居は

タイの首都バンコクは長年人気の旅行先ですが、最近ではそこで長期にわたって住みたいと考える人が多くなってきているようです。

日系企業も多く進出しスーパーやチェーン店・デパートなども出店しているので、住みやすそうだと感じる方が多いのも頷けます。

またその気候やタイ人の人柄が好きだという人もいますし、タイは親日国なので安心して穏やかに暮らしていけると感じる方も多いようです。

そんなバンコクで暮らしていくためには、何をおいてもまず住む場所が必要です。

日本人が借りやすい住居の代表として挙げられるのが、コンドミニアムと呼ばれる高層マンションです。

 

⑵バンコクの市街地にあるコンドミニアムは駅から近い

これはワンルームからファミリー向けまで様々な部屋のタイプが用意されている大型マンションのようなもので、しっかりとしたセキュリティや眺望の良さなどが魅力的です。

またバンコクの市街地にあるコンドミニアムは駅から近いことが多いですし、少し離れていたとしても分かりやすい立地に堂々と建っているのでタクシーやトゥクトゥク(簡易的なタクシー)で気軽に乗り付けることが出来ます。

ちなみに タイのタクシーやバイクタクシー・トゥクトゥクは日本でのそれよりもずっと安価なので、気軽に活用することが出来ます。 

バンコクのマンションは部屋に家具類が備え付けられていることが多く、身一つで入居することも可能です。

部屋を見つけたいときには、現地で貼り紙を見たり管理人さんに尋ねてみるという方法がタイでは一般的です。

 

⑶現地の住宅仲介業者を活用する

しかしその場合にはタイ語が出来ないと意思の疎通が捗らないので、日本語や英語しか話さない方の場合には現地の住宅仲介業者を活用することをおすすめします。

日本語を話すスタッフがいる場合もありますし、日本人が働いている場合もあります。

何れにしても日本語のみで住宅の契約をすることも可能なので、大変心強い存在です。

こういった業者とコンタクトを取るには、まずインターネット上で検索してみてメールを送ってみるのが良いでしょう。

その時希望の入居時期や価格帯・地域などを伝えると、話がスムーズです。

ネット上のことなので、こういった作業は日本にいながらにして行うことが出来ます。

 

⑷まとめ

このように、バンコクでマンションの部屋を借りたいと思った場合にも案外手軽に手配をすることが出来ます。

現地にいる日本人の業者や日本語を話せる従業員の助けを借り、理想のお部屋探しから楽しんでみるのも良いものです。

現代にはこういった様々な便利なサービスが存在しているので、上手に活用して楽しい海外生活をスタートさせましょう。

 

This entry was posted in 不動産. Bookmark the permalink.

Comments are closed.