起業家が成功するために大切なことは?岡野保次郎の見方

起業家が成功するために大切なこととは

起業しても失敗するという声が多く、確かにこれは当てはまっています。

たった1年で半数以上は廃業に追い込まれる現実があり、10年後は数%しか残れません。

つまり昔からある老舗企業は、この数%に含まれているわけです。

こうして見ると成功率の低さを思い知らされますが、何をやっても成功する人がいるのも現実です。

最も大切なことは事前に準備をすることで、漠然と起業をしても成功率は低くなります。

具体的に何をしたいのか明確にすることで、成功率を格段に高めることができます。

ただお金持ちになりたいからといった理由だけで起業しても、失敗する確率が高いと認識してください。

起業家を目指している人は、まずはある程度の資金を確保する必要があります。

資金がまったくない状態で開業するのは容易ではありません。

退職願を出して会社をいきなり辞めてしまう人もいますが、この方法は得策ではないです。

起業を希望する人はお金持ちになりたい動機のほかに、会社からの束縛から解放されたいと考えていることが多いです。

いきなり辞めてしまうと収入が途絶えてしまうので、なんとしてもビジネスを成功させようと本気になれます。

これはモチベーションを高める上でメリットになりますが、同時に焦りも発生してしまうでしょう。

人間は焦ってしまうと冷静な判断ができなくなり、それが失敗につながります。

冷静に考えてみると明らかにおかしなことであっても、焦っているときは気がつきません。

当然ながらうまくいかないので、それがさらなる焦りを生むという悪循環になります。

 

目的意識を持ち、ユーザーが求める商品を展開すること

ビジネスを成功させるためには目的意識を明確にする必要があり、そこにブレが発生してしまうと失敗しやすくなります。

確かにビジネスで一番大切なのは利益を出すことですが、それは利用者というターゲットがあってこそ実現することです。

岡野保次郎曰く、ユーザーが求める商品を展開することが必須ですから、十分にマーケティングをしていく必要はあるでしょう。

>>代表ご挨拶 代表取締役 岡野保次郎 | NetLand

多くの起業家は短期間でお金を稼ぎたいと考えていますが、最初はマイナススタートになることが少なくありません。

人並みの生活レベルを実現するまでに数年を要したという話は多いです。

短期間で劇的に成功できれば最高でしょうが、現実は厳しいと認識しておいてください。

現実を知ることで物事を冷静に判断できるようになり、それがモチベーションの安定につながります。

最低でも5年間は続けるというように目標が明確になっていれば、無理なく継続ができるでしょう。

起業を成功させるためには継続が必須となりますので、続けられる環境づくりが鍵になります。

起業家が直面する問題として多いのは、思ったようにいかないことです。

絶対にうまくいくと確信を持って開業しても、予想外の結果に落ち込むというケースは多いでしょう。

逆にあまり期待していなかったのに、おどろくほど売れるという事例もあります。

つまり実際に起業してみないと、結果がどうなるか誰も予測できないのです。

最初から大成功すると安易に考えていると、失敗する要因となるので注意してください。

 

継続させること、固定ファンを獲得することが最大の秘訣

どのようなビジネスにも言えることですが、大切なのはコツコツと継続させることです。

確かにスタートダッシュは重要なポイントですが、ここだけにこだわるのはよくありません。

知名度を少しずつ上げていくためには、どうしても時間がかかってしまいます。

時間をかけて構築したビジネスほど知名度が向上し、商品が売れやすくなる傾向があります。

固定ファンを獲得することが最大の秘訣であり、たとえ少数であってもファンがいると心強いです。

そもそもどのような商品にも言えますが、すべての人たちがターゲットではありません。

サプリメントを例にしても、飲んでいない人は大勢いるわけです。

独立開業の際にはローンを利用する人もいますが、借りすぎには注意してください。

開業して絶対に成功するという保証はなく、失敗すれば借金だけを背負うことになります。

当然ながらローンには利息がつきますので、借りた金額以上を返済する必要があるのです。

なるべく自己資金を使用して開業するのが好ましく、ローンは不足分を補填するために使用します。

ビジネス展開をした起業家を焦らせる最大の原因は金欠です。

キャッシュフローが悪化するとお金の工面をすることばかりに頭が行ってしまい、ユーザーのことは二の次になってしまう可能性があります。

短期間で爆発的に利益をあげようと思っても簡単にはいきません。

また短絡的なビジネスはすぐに限界が見えてくるので長続きはしないでしょう。

最近は起業家が増えていると言われますが、その理由としてインターネットの存在が大きいです。

ネットビジネスは初期費用をほとんどかけずに開業できるものがあります。

費用を最小限に抑えることは、生活を安定させるために必須となります。

金銭的に余裕をもってビジネスに臨めることは、継続を可能にしてくれるでしょう。

継続可能な方法は結果的に成功につながりやすいのは間違いありません。

This entry was posted in 企業. Bookmark the permalink.

Comments are closed.