資金調達の効率化と自動化の方法について

金融機関からの信頼を獲得することが重要

企業が営業活動を継続させるためには、何よりも資金調達が重要な意味をなします。

資金を集めるためにやらなければならないことはたくさんあります。

特に金融機関から信頼を集めるだけでなく、従業員の確保の他に資産の管理と運用も資金の調達のために必要になるのです。

そして、これらの作業のすべてを人力で行っているようでは営業活動の早期開始ができません。

だから資金の調達の際には効率化と自動化を推進させる必要があるのです。

まずは金融機関から信頼を集めるには、適切な経営を行っていることを対外的にアピールする必要があります。

例えば、従業員の離職率が極端に高かったり、企業の営業活動に不適切なものがあれば金融機関から融資を受けることができなくなる場合があります。

ISOなどの基準を満たしている資格を取得しているのであれば、それらが剥奪されないように健全な会社組織の運営を行っていく必要があるのです。

特に金融機関はお金の流れについて厳しく監視しています。

例えば税金の身払いや、従業員に対する残業代の身払いなどが外部に漏れてしまうと健全な経営を行っていると判断されないので銀行からの融資を受けることができません。

このような金融機関からの信頼を集めることが効率的な資金調達の第一歩になります。

まずはまとまった融資を受けることができれば会社組織の立て直しも容易です。

従業員の確保と流出を防ぐことが最優先

続いて、従業員の確保と再構築が必要になります。

企業の営業活動に大いに貢献している従業員に対しては、適切な賃上げなどを行っていくことで人材の流出を防ぎましょう。

資金調達を行う際に、お金を使うことは逆走しているように考えられてしまうことがありますが、人材の流出はお金には代えがたいものです。

特に優秀な社員が外部の会社に転職してしまった場合は、組織内の従業員の士気が下がるだけでなく、本人が受け付けていたノルマが他の従業員に加算されてしまい、ライバル会社に就職した優秀な社員が自社の売上を奪っていく可能性も考えられるのです。

だからこそ人的資源の流出は避けることが重要になります。

長期的な目線で考えると、人的資源の流出を防ぐためにお金を使うことは資金の調達のためにも最優先で行うべきなのです。

逆に企業の営業活動を阻害していると考えられる従業員や、損害や損失を増やしてしまう社員に対しては、適切な部署に人事異動を行うか解雇するようにしたほうが良いでしょう。

特に存在するだけで組織内のやる気を下げてしまう害毒以外の何物でもない社員は糾弾しなければなりません。

そのためにも会社から社員を解雇するためにも正当な証拠を集める必要があります。

理由も無いのに社員を解雇しているようでは裁判に持ち込まれてしまい、結果的に先述の金融機関からの信頼を集めることが困難になってしまいます。

このような問題を増やさないためにも、従業員の解雇に対して正当性を主張することが重要です。

従業員とのトラブルを避け再構築も必要

例えば、特定の従業員が仕事中にネットサーフィンをしていたり、仕事をサボタージュして会社の経費や備品を私的利用しているなどがあります。

これらの証拠は小型の監視カメラやネットワークのログを監視していればすぐに手に入れることが可能です。

解雇の際にそれらの証拠を集めて自社の対応に正当性をアピールできれば問題なく穏便に従業員の解雇ができるようになるでしょう。

くれぐれも、従業員に対してのパワーハラスメントなどを行うことは避けたほうが無難です。

会社組織の中に自殺者が出てしまうと対外組織に対する信頼度が一気に下がってしまい、金融機関から資金調達のための融資を受けることができなくなってしまうことがあります。

このような問題を避けるためにも合法的な手続きを踏んだ上で従業員の再構築を行う必要があるのです。

資金繰りを悪化させない設備とその管理

最後に資金調達のためにやらなければならないことは自社の資産の管理と運用です。

特に使っていないコンピューターや設備などは売却するか再利用するなどの対応を行う必要があります。

コンピューターに関しては部署ごとに設置するサーバーとして流用できる他、古い端末であってもスタンドアロン機として活用することが可能です。

売却しても二束三文な資産は無理をして売却するのではなく、再利用したり必要な部署に流用するなどを徹底すると良いでしょう。

異なる部署に対する流用を徹底するためにも、部署ごとに不要な設備と必要な設備をリスト化させる必要があります。

特に部署ごとで利害が一致しているにも関わらず、不用品を新たに購入してしまうと更に資金が減ってしまうことがあるのです。

資金調達を徹底するためにもこれらのデータをリスト化して自動的に管理運用を行うことができれば資金の流出を防ぐことができるだけでなく、適切な企業運営を行うことができるようになるのです。

以上のことから企業の資金の調達を効率化させるためには、適切な情報収集による効率化と自動化が重要になります。

This entry was posted in 資金. Bookmark the permalink.

Comments are closed.