消費者金融会社の2つのアゲンストの風

消費者金融は貸金業法の改正以来、かなりの数の消費者金融が倒産しました。

しかし、最近になって生き残った消費者金融は、よりサービスを拡充して、それまでのネガティブなイメージを払拭したといえます。

最近では銀行のカードローンであろうと、クレジットカードのキャッシュ枠であろうと、消費者金融であろうと、一般消費者にとっては関係なくなってきました。

むしろ無利息キャンペーンなどで顧客を開拓に積極的だといえます。

これまで消費者金融は2つのアゲンストの風にさらされました。

過払い請求です。

それまでは利息を規定する法律が2つあって、利息制限法と出資法です。

利息制限法の上限金利は年20%ですが、出資法のそれは年29.2%でした。

消費者金融は出資法の上限金利を採用していました。

しかし、法改正によって法律が利息制限法に一本化され、それまで支払った利息の内利息制限法を超える金利を支払った債務者は、請求をすれば返還しなくてはならなくなりました。

これが過払いです。

過払い請求によって膨大なお金を返還しなくてはならなくなったのです。

もう一つは総量規制です。

個人ローンにおいて、年収の3分の1以上は融資してはならないという法律です。

例えば年収300万円の人に100万円以上は貸してはならないのです。

これは消費者金融と信販系、つまりクレジットカードのキャッシュ枠を含めていて、銀行のカードローンは対象外です。

これによって1人に対する貸し出しが制限されました。

このように消費者金融はこれらの高いハードルを超えてきたのです。

今すぐお金を借りたいなら即日融資を利用すれば万事解決です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.