バンコクで不動産を購入したいと思う場合に知っておくべき注意点

1.外国人はタイ国民と同じように自由に不動産を所有できない

我々日本人を含む外国人がバンコクで不動産を購入したいと思う場合、最低限知っておかなければならない点があります。
タイには取得規制があって、外国人はタイ国民と同じように自由に不動産を所有できるわけではないからです。

一つの注意点として挙げられているのは、原則的に言って外国人はタイの土地を所有することはできないという点です。
もちろん例外もあり、指定事業に対する四億バーツ以上の投資であるとか、指定地域内の土地であるとか、さらには土地の面積が1,600平方メートル以下であるといった条件に合致していること、なおかつ内務省の大臣の許可を得ているのであれば土地の所有が可能になることもあるのです。

それで、まずはこうした条件にかなっていなければ原則として土地の所有はできないということを覚えておきましょう。

バンコクで不動産を購入したいと思う場合に知っておくべき別の点は、建物に関して外国人の所有を制限する法令は特にないということです。
つまり、土地の所有は基本的にできないものの、建物の購入は比較的容易にできるのです。

購入できる物件の中には、コンドミニアムも含まれますが、条件もあると言われています。
外国人が保有できるのは、コンドミニアムの全ユニット総床面積49パーセント以下に限定されているということです。

外国人が自由に所有できるとされるコンドミニアムでも、ある程度の規制があるということを念頭に置いた上で購入を検討できるでしょう。

2.名義貸しを行なった場合は厳しい処罰が課せられる

さらに、バンコクにおいて不動産を購入したいと希望しているのであれば、登記を行なう必要があることも見過ごすべきではありません。
売買を有効なものにするためには、書面での合意は当然のこと、それに加えて登記を行なわなければならないのです。

たとえ売買に関連した契約書を締結したとしても、仮に所有権の移転登記が完了していないのであれば、物件の売買契約も有効とはならないという点を覚えておくのはよいことです。

加えて、物件の購入に当たって是非とも覚えておきたい点の一つは、土地所有規制から逃れたいと思って名義貸しを行なった場合、厳しい処罰が課せられるという点です。

外国人の中には、タイで定められている厳しい土地所有規制から逃れたい一心で、タイ国籍を持つタイ人の名義で土地を取得しようとする人がいるかもしれません。

これは禁じられている行為であり、違反した場合二万バーツ以下の罰金を払うよう要求されたり、二年以下の禁固刑が課せられることがあると言われています。
こうした面で違反して面倒なことにならないよう、名義貸しに関する法律についてよく理解しておくようにしましょう。

3.ディアライフが教えるバンコクでの物件購入のステップとは

これらの注意点に加えて、バンコクで不動産を購入したいと思う場合には、物件購入のために踏むべきステップをきちんと理解しておくことが必要です。
日本で物件を購入する場合と比べて幾分異なる点があるため、きちんとした手順を踏みつつ事を進めていけるよう、踏むべきステップはきちんと理解しておくようにしたいものです。

こうすることによって、後々に起こりかねないトラブルを事前に回避することができます。

まず大切な最初のステップは、エージェントに問い合わせてみることです。
その際、ディアライフなど日本語での対応が可能なエージェントに問い合わせるなら、その後の物事はスムーズに進んで行くことでしょう。

ディアライフ安藤功一郎社長

物件を購入するために踏むべき二つ目のステップは、物件を実際に見てみることです。
事前に幾つかの物件をピックアップしておいて、可能であればそれらを全て視察することが勧められています。
気になる物件全てを見られるよう、事前に依頼しておくならまず問題なく視察することができます。

こうして幾つかの物件を視察した結果、購入したい物件が決まったならば、次のステップは購入申込書を提出することです。
その際予約金を支払う必要が生じますが、場合によっては、予約金のほかにも物件価格の数パーセントの金額をコンサルティング料として支払うことが定められていることもあります。

4.物件の購入金額の10〜20パーセント程度の支払いが求められる

次のステップとして、正式に売買契約を結ぶことになりますが、この際に物件の購入金額の十から二十パーセント程度の支払いが求められることがあるという点も覚えておきたいものです。

その時点では、既にタイで自分自身の銀行口座を開いてあるため、日本の口座から残金をタイの口座へ送金するようにします。
実際に登記手続きを行なう際に、外貨送金証明書が必要となるため、この手順が必要となるというわけです。

タイの非居住者である外国人がコンドミニアムを購入しようと思う場合、資金源の申請が必要とされていると言われています。

バンコクで不動産を購入するに際して踏むべき次のステップは、登記の手続きです。
指定された土地局で購入物件の登記を行なうことができるでしょう。

この手続きに必要なのは、パスポートや売買契約書、外貨送金証明書に加えて、小切手や現金です。
スムーズに手続きが完了するよう、必要なものをきちんと揃えて登記手続きを行なうことが必要です。

This entry was posted in 不動産. Bookmark the permalink.

Comments are closed.